◆たとえば

◇ちょっとピンとこない人もいると思うので、ホワイトページの低価格の訳を例えてみると

・たとえばチラシ

チラシのイラスト

印刷する紙のサイズをA4サイズやB5サイズなど、規格内のものを選べば印刷は安くできます。
規格外のサイズや形(丸型やハート型など)にすると高くなります。
Web制作においてディスプレイに対しての標準サイズ(1024×768px)はありますが、様々な環境(ブラウザ)で見られるインターネットには、ページサイズの規格がありません。
そうなると全てのページを、1から作っていかなければならなくなってしまいます。
そのように作ったホームページは、高額になってしまいます。
そこでディスプレイの標準サイズ内で、私たちが見やすいと思う、おススメのサイズ(960グリッド)を採用しています。
その規格を使う事で効率良くスピーディーに、低価格が実現出来るとお考ください。

◇次にその規格に入れていく、デザインとレイアウトの仕組みを、4つの別のモノで例えてみると

・たとえばノート

チラシのイラスト

落書き帳のように自由に描けるものではなく、家計簿帳のように使い道が限定されているものでもない。
ノートに引かれた自由度のある罫線に沿って情報を書いていく、整理されたノートの様なホームページ 。

・たとえば家

チラシのイラスト

設計からオリジナルで建てる一軒家ではなく、分譲マンションの様に内装まできまっているのでもない。
壁と柱の位置は決まっているけど、部屋割りやインテリアは自由に考えれるリノベーションの様なホームページ。

・たとえばスーツ

チラシのイラスト

寸法から測ってつくるフルオーダーのスーツではなく、サイズ別に完成されているパターンオーダースーツでもない。
型紙は決まっているけど、布の素材、襟の形やボタンの数等を自由に考えれるイージーオーダーメイドの様なホームページ。

・たとえば車

チラシのイラスト

世界一の速さを競うF1カーの様に全てが1品物ではなく、必要なところを大量生産したノーマルのセダンでもない。
ボディは既存のものだけど、タイヤやシートなど自分にとって大切な部分をカスタムオーダーした車の様なホームページ。

いかがでしょうか?他にも例えられるアイデアがあったら教えてください!

flash

本来のWEB制作の主旨にあった記述方式で、効率よく再利用できるフレームワークをとりいれています。
大切な箇所に時間を割き、情報を的確に扱う事にホワイページは重点を置いています。

オプション